Adobe Stockで写真や動画を販売してPhotoshopやLightroom、Creative Cloudコンプリートプランの1年間無料特典を手に入れよう!

写真の編集を多くの方がPhotoshopやLightroomなどを使われていると思います。

私も写真の編集や管理をPhotoshopとLightroomで行なっており今では欠かせないものとなっています。

PhotoshopやLightroomは基本的に月額約1000円で、年間使用する場合は約13000円でプランを購入して使用することとなっています。

この記事ではPhotoshopやLightroom、Creative Cloudコンプリートプランを1年間無料で使える特典の入手方法を解説していきます。

私自身も2019年は無料特典の条件を満たしたので無事にCreative Cloudコンプリートプランの特典を入手することができました。

入手の条件、メリットやデメリット、実際の流れをまとめているので参考にしてください。

1年間無料の特典を入手する方法について

まず始めに無料特典の入手方法について解説します。

こちらのサイトには2019年度の特典入手条件についてのAdobeの公式記事がまとめられているので一読ください。

要約すると

・Adobe Stockで対象の期間内に写真を300枚以上審査のパス(販売)すると、Adobe Creative Cloudフォトプラン(Photoshop,Lightroomのセット)の年間無料特典を入手できる。(※審査承認率50%以上)

・Adobe Stockで対象の期間内に動画を300本以上審査のパス(販売)すると、Adobe Creative Cloudコンプリートプランの年間無料特典を入手できる。(※審査承認率50%以上)

というものになっています。

Adobe Stockとは写真や動画などを販売しているサービスで、今回の場合は販売者側として写真や動画を販売することで条件を達成することとなります。

300本以上の審査のパスとなっていますが、Adobe Stockでは販売をする前に写真や動画の販売が可能か事前に審査があります。

つまり審査が通れば販売され、通らなければ販売されないということです。

審査承認率50%以上というのがありますが、例えば700枚販売申請して300枚しか審査に通らなければ、300枚は達成しても承認率が42%になり条件の未達成ということだと思われます。

また特典の条件に関しては統一というわけではなくその年によって変更になる可能性もあります。

2020年度の条件に関して記事を書いている現段階ではまだ発表がされていません。

2019年の特典条件は先ほど上記に書いたリンクに、

2018年の特典条件はこちらのサイトに記載されています。

2019年は9月に、2018年は10月に特典に関する記事が投稿されているので2020年もその時期に投稿される可能性があります。

なので確実に特典を手に入れることができるかというのはその時期までは未確定となっています。

ただ、写真や動画を販売することに個人的にはデメリットはないと思うのでこれを機にAdobe Stockで販売を試してみるのもおすすめします。

❷特典クーポン入手のメリット、デメリットについて

次に無料特典を入手するメリット、デメリットについて書いていきます。

特典クーポン入手に関するメリットは

  • Photoshop、Lightroom、Creative Cloudコンプリートプランを特典クーポン発行日から1年間無料で使用可能。
  • 写真や動画を販売し、購入されることでの収入。
  • 撮影した写真を無駄にすることなく活用できる。

の3つがメリットとしてあります。

特典クーポン入手に関するのデメリットは

  • 販売した写真は基本的にフォトコンテストに提出できない。

というデメリットもあります。

 

まずメリットに関して、

1つめは対象ソフトを1年間無料で使用できるという点です。

各プランの月額と年間での価格をまとめてみました(年間は税込)

  月額 年間
Photoshop,Lightroomのフォトプラン 980円 13,000円
Photoshop単体プラン 2,480円 32,700円
Lightroom単体プラン 980円 13,000円
コンプリートプラン 5,680円 75,000円

(コンプリートプランにはPhotoshop,Lightroom以外の20近くのソフトや100GBのクラウドストレージ等も含まれる)

それぞれ普通に使用していればこのぐらいの価格が目安となっています。

写真の条件を達成した場合は13,000円もしくは32,700円のプランを無料で。

動画の条件を達成した場合は75,000円のプランを無料で1年間使えるというお得なクーポンとなっています。

 

2つ目のメリットとして写真や動画を販売し購入されることでの収入があります。

審査を通った写真・動画は実際にネット上で販売されます。

購入された写真に対して購入価格の33%、動画に対しては35%の金額がが販売者に支払われます。

こちらのサイトには販売価格のロイヤリティがまとめられています。

購入者側のプランによって支払われる額が変動しますが、購入された場合は上記サイト表の価格が収入となります。

写真は単価が少し低めですが動画だと高い価格になっているのがわかります。

 

3つ目のメリットとして撮影した写真を無駄にすることなく活用できます。

これに関しては人によって異なると思いますが、私の場合は写真を撮影しても全てを編集して活用することはなかなかありません。

実際にPCには編集せずに眠っている写真が山ほどあります。

そういった写真を販売することで、売れる保証はありませんが撮影した写真を活用することができます。

売れる写真、売れない写真ともしかしたらラインがあるのかもしれませんが、ひょんなことから売れることだってあります。

なので、なにもしないよりは写真を売ってみる。

それで売れたらちょっとした収入につながると考えてみるのも良いことだと思います。

私も2019年は特典を手に入れる目的で写真と動画を300以上販売しましたが、結果的には写真や動画を購入してもらい収益も発生することができました。

こちらは2020年1月から発生した収益です。

3月にグラフが伸びているのは動画が売れたからです。

c52bf774e73bfb74873a92beacdcbd41 Adobe Stockで写真や動画を販売してPhotoshopやLightroom、Creative Cloudコンプリートプランの1年間無料特典を手に入れよう!

特典無料クーポンがもらえてさらに販売の収益があるというのはとても嬉しいことです。

 

ただデメリットも思いつく限りでは1つあります。

特典を入手する関係でのデメリットは、販売した写真は基本的にフォトコンテストに提出できないことです。

写真を撮る上でフォトコンテストに出される方もいると思います。

私も定期的にフォトコンテストに応募することがありますが、販売されている写真の応募資格は無しという類の条件はほとんどのコンテストに該当すると思われます。

厳しいコンテストでは販売されている写真に類似している写真に関してもNGだったりすることがあります。

これに関してはフォトコンテストに出す場合は該当する写真や類似する写真に関して販売申請をしないということに気をつければ問題ないです。

メリットやデメリットに関してまとめましたが、デメリットに関しては考えを巡らせ出てきたことなのでそうそうデメリットになることではないと思います。

なので基本的にはメリットだけと捉えてもらっても良いです。

Adobe Stockの登録方法と写真の販売方法について

Adobe Stockの登録方法と写真の販売方法について解説していきます。

まずはAdobeコントリビューター向けのサイトへアクセスします。

5abedf975a0456d0f00765c1a5b8ef8c-1024x542 Adobe Stockで写真や動画を販売してPhotoshopやLightroom、Creative Cloudコンプリートプランの1年間無料特典を手に入れよう!

アクセスしたら今すぐ始めるを選択し必要事項に記入を行いアカウントの作成を行います。

658d4ca664eb94be9d2f6e024bb7af02-1024x743 Adobe Stockで写真や動画を販売してPhotoshopやLightroom、Creative Cloudコンプリートプランの1年間無料特典を手に入れよう!

アカウント作成を選択すると記入したメールアドレスに確認用のリンクが送られてくるので選択します。

リンクを選択し利用条件に同意するとメールの確認が終わりコントリビューター画面へと進みます。

b9ec38c059b81cafeee875c5f2cb4b70-1024x527 Adobe Stockで写真や動画を販売してPhotoshopやLightroom、Creative Cloudコンプリートプランの1年間無料特典を手に入れよう!

画面上のアップロードを選択するとアップロード画面へと映ります。

ee088cedb272ebad9e83c140df0c66ed-1024x567 Adobe Stockで写真や動画を販売してPhotoshopやLightroom、Creative Cloudコンプリートプランの1年間無料特典を手に入れよう!

中央の矢印部分に写真をドラッグ&ドロップまたは、矢印部分を選択してファイルを選ぶことでアップロードが可能となります。

アップロード中はこのような画面になります。

a27414229d03f74e8b04bbfe91159f04 Adobe Stockで写真や動画を販売してPhotoshopやLightroom、Creative Cloudコンプリートプランの1年間無料特典を手に入れよう!

アップロードが終わると写真が追加されます。

b0e2c7a464f49053b48fba9842f64f19-1024x521 Adobe Stockで写真や動画を販売してPhotoshopやLightroom、Creative Cloudコンプリートプランの1年間無料特典を手に入れよう!

あとは画面右よりカテゴリー・プロパティ情報・タイトル・キーワードを記入します。

キーワードに関してはあらかじめ関連される項目がいくつか出されています。

最大50まで可能なので適切なキーワドを入力してください。

記入が終わると写真に緑のチェックマークがつき審査への申請が可能となります。

672350d9f2b3499693d41354101f98c5 Adobe Stockで写真や動画を販売してPhotoshopやLightroom、Creative Cloudコンプリートプランの1年間無料特典を手に入れよう!

申請の準備ができたら右下の承認申請を押します

4109174ac7df951af4c78490077dac16-1024x369 Adobe Stockで写真や動画を販売してPhotoshopやLightroom、Creative Cloudコンプリートプランの1年間無料特典を手に入れよう!

審査に出す写真が画面に出るので提出を押すと申請完了です。

90d7de02d626c5757d5db73d086117cd Adobe Stockで写真や動画を販売してPhotoshopやLightroom、Creative Cloudコンプリートプランの1年間無料特典を手に入れよう!

申請後早くて2日ほど、遅くて1週間後までには審査が終わり採用、不採用の通知がメールで送られてきます。

写真を販売するにあたってのガイドラインがあるのでこちらも一読ください。

不採用になる写真に関しては技術的、著作権、肖像権などの問題があります。

特典条件として承認率50%以上という決まりがあるのでこちらにも注意しながら提出ください。

判断材料として提出する前にAdobe Stockで実際に販売されている写真を検索してみるのもおすすめです。

 

また写真や動画で収益が発生した場合タックスフォーム情報を入力しなければいけません。

それに関してはこちらのサイト様に詳しくまとめられているので参考にしてください。

記事のまとめ

今回はAdobe Stockの特典クーポン入手方法についてまとめました。

個人的にはメリットしかないと考えるので日頃からPhotoshopやLightroomを使用している方にはおすすめです。

記事の途中でも書きましたが2020年に関しての情報はまだ出ていません。

ですがぎりぎりで300枚目指すよりも今から少しづつ投稿していく方が負担が少ないです。

私も2020年度の特典を目指してすでに写真や動画を申請していってるので今年も特典入手できればと考えています!

是非お役立ててください!

Photoshop・Lightroom関連記事

初心者でも簡単に出来る! Lightroomを使って空を青くする写真現像テクニックを解説!

Photoshopのレイヤーマスクの使い方や機能の解説! 実際にレタッチを踏まえてテクニックをレクチャー.(フォトショップ)

Photoshop(フォトショップ)を使って写真を絵画風に編集レタッチする Orton Effectの手順を解説!

Photoshop(フォトショップ)を使って写真の太陽光やゴースト・レンズフレアを消すレタッチテクニックを解説!! [ゴースト・フレアの除去]

The following two tabs change content below.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です