Photoshop(フォトショップ)のレイヤーマスクの使い方と参考レタッチテクニックを解説!!

今回はPhotoshopのレイヤーマスクの使い方と参考レタッチ例を解説したいと思います!

マスクというとなんとなくイメージはできてもどういった機能かわからなかったり、使ったことがない人が多いと思います。

実はこのマスクを使いこなせるようになれば写真のレタッチテクニックが1段階上達する!! っといっても過言ではないぐらいに、便利な機能でおすすめしたいんです。

最初は慣れないと思いますが、マスクの構造や機能が理解できたら頭でイメージしながら作業ができるようになるのでこの記事を元に少しずつでも慣れていきましょう!

レイヤーマスクとは?

まずはレイヤーマスクに関して理解していきたいと思います。

Adobeの公式サイトにレイヤーマスクに関しての解説動画があるので参照してみてください。

レイヤーマスクとは?

レイヤーマスクを使うと、レイヤーを部分的に隠したり、元に戻したりできます。レイヤーの一部を消去あるいはレイヤーごと削除することなく、編集を柔軟におこなうことができます。画像を合成する場合やオブジェクトを切り抜いて他のドキュメントで使用する場合や、レイヤーの一部だけを編集する場合は、レイヤーマスクが便利です。

Adobeより引用

Adobeの公式では上記のように説明されています。

レイヤーマスクを使うと写真を部分的に消したり、切り抜いたりして合成させたり加工できたりすることができるのです。

文面だけでは少しわかりにくいと思うので次の項目で作例付きで解説をしたいと思います。

マスクを使用した作例と解説

それでは画像を元にマスクがどう使われているのかを解説していきたいと思います!

作例①

まずはこちらの夕景景色を撮影した写真です。

夕焼け空と手前の岩や建物が適度な明るさで見やすい写真です。

74ba77747c316914abed9212b93ec4f5 Photoshop(フォトショップ)のレイヤーマスクの使い方と参考レタッチテクニックを解説!!

この写真は下の2枚の写真を合成させた写真になります。

80c6c7acc91650cb53e6710c75297922-1024x683 Photoshop(フォトショップ)のレイヤーマスクの使い方と参考レタッチテクニックを解説!! d56feb08b1f9f98e9cfe13451f0d18a3-1024x684 Photoshop(フォトショップ)のレイヤーマスクの使い方と参考レタッチテクニックを解説!!

1枚目の写真の空の部分と2枚目の写真の海と建物・岩場の部分を合わせた写真になります。

こちらの写真は1枚目の写真にレイヤーマスクを使用することで違和感がなく仕上げることができています。

作例②

続いてこちらの星景写真です。

手前の棚田と奥の天の川が適度な明るさでこちらも見やすい写真となっています。

80b04fa2877d67b26d760148b4d148b4 Photoshop(フォトショップ)のレイヤーマスクの使い方と参考レタッチテクニックを解説!!

こちらも先ほどと同様に下の2枚の写真を合成しています。

ea6d613d958165e17b483254540ace98-685x1024 Photoshop(フォトショップ)のレイヤーマスクの使い方と参考レタッチテクニックを解説!! c90bec0777b5c1f4800e5364cca06182-677x1024 Photoshop(フォトショップ)のレイヤーマスクの使い方と参考レタッチテクニックを解説!!

1枚目の天の川の写真にレイヤーマスクを使用することで2枚目の写真に違和感がないように合成させて仕上げています。

作例③

こちらは雪景色の写真となります。

元の画像は2枚目になり、1枚目は彩度の調整をしそれにレイヤーマスクで部分的に調整を加えた写真です。

fa74960d4bf0cf73c1efeee1b0a490c8 Photoshop(フォトショップ)のレイヤーマスクの使い方と参考レタッチテクニックを解説!! c8f79138a8f32a6f6e27bb9f76ca3349-1024x683 Photoshop(フォトショップ)のレイヤーマスクの使い方と参考レタッチテクニックを解説!!

元の写真では雪の部分が青くなっていますが、彩度の調整とマスクを使用することで雪の部分を白く仕上げることができています。

作例①②では2枚の写真を1枚の写真に仕上げる為にマスクを使用。

作例③では部分的な色の調整をするのにマスクを使用しています。

このように、写真のレタッチ作業においては主に

①合成用のレイヤーマスク機能

②部分的な調整用のレイヤーマスク機能

と捉えて作業をすることになります。

では、どういった目的でマスク機能を使い分けるのか?っという疑問が浮かぶと思いますがちゃんとそれぞれに理由があります。

①合成用のレイヤーマスク機能

として使用する理由では、撮影時の条件の影響があります。

例えば作例①の夕景写真の場合、空を見やすく写そうと思えば空に露出を合わせるために地面部分が暗くなり黒つぶれしてしまいます。

80c6c7acc91650cb53e6710c75297922-1024x683 Photoshop(フォトショップ)のレイヤーマスクの使い方と参考レタッチテクニックを解説!!

逆に地上部分を明るくしようと思い露出を地上に合わせると空が明るくなり白飛びしてしまいます。

d56feb08b1f9f98e9cfe13451f0d18a3-1024x684 Photoshop(フォトショップ)のレイヤーマスクの使い方と参考レタッチテクニックを解説!!

これはカメラの特性上どうしても発生してしまう問題で、対応手段としてどちらか片方の明るさを優先して撮影し、

その後レタッチでハイライトを下げるか、シャドウを上げるかという方法もあります。

しかし極端な露出の差があると調整しても色が出なかったり、数値を大きくいじることでコントラストが失われたり画質が劣化してしまいます。

1f9f4287bfac09a73e3437153a3662ee-1024x626 Photoshop(フォトショップ)のレイヤーマスクの使い方と参考レタッチテクニックを解説!! 6a23613816c8ff7dc1856ecc5ede9030-1024x618 Photoshop(フォトショップ)のレイヤーマスクの使い方と参考レタッチテクニックを解説!!

当然のことですがレタッチで数値をいじればいじるほど画質はどんどん劣化していきます。

その為撮影の段階に適切な2枚の写真を撮影し、ほとんど調整をすることなく丁度良い露出の1枚の写真に仕上げるのが目的です。

気付く方はいると思いますが、このやり方実はカメラの機能にあるHDR撮影と同じ原理なんです。

HDR撮影とはカメラの設定で+、−、0といった違う露出で写真を撮影し合成する機能です。

今回解説しているテクニックは違う露光で撮影した写真を自分の手で合成させてしまうということなのです!

②部分的な調整用のレイヤーマスク機能

として使用する理由は、

上記でも少し触れましたがレタッチは数値をいじるほど画質が劣化していきます。

その為必要箇所の部分のみを調整し、調整しない箇所に関してはなるべく数値をいじらないようにする為です。

もう一つはレタッチの段階で変色したり彩度が上がったりした箇所を部分的に調整したりなど、細かい調整に使用します。

c8f79138a8f32a6f6e27bb9f76ca3349-1024x683 Photoshop(フォトショップ)のレイヤーマスクの使い方と参考レタッチテクニックを解説!! fa74960d4bf0cf73c1efeee1b0a490c8-1024x683 Photoshop(フォトショップ)のレイヤーマスクの使い方と参考レタッチテクニックを解説!!

この写真では1枚目で雪の部分が青くなっているのを修正したかったので、

[色相・彩度]で青色の彩度を下げ、マスクで雪の部分のみ彩度が下がるように調整しました。

こういった部分的な修正機能として使用します。

レイヤーマスクの使い方を解説!

ここからは実際にレイヤーマスクの使い方を解説していきたいと思います。

まず、レイヤーマスクはPhotoshopの作業画面右下にあります。

9380e9437b126eb1826afbd80be3ff43 Photoshop(フォトショップ)のレイヤーマスクの使い方と参考レタッチテクニックを解説!!

ちょうど手のアイコンが選択しているボタンがマスク追加のボタンになります。

マスクを追加したいレイヤーを選択した状態でクリックします。

ac5efcb9e414011683edeca957c9953f Photoshop(フォトショップ)のレイヤーマスクの使い方と参考レタッチテクニックを解説!!

するとレイヤーの横に白いマスクが追加されました。

これで選択したレイヤー(この画像ではレイヤー1)にマスクが付きます。

マスクの捉え方として、

基本的にマスクは白か黒を使用します。

マスクが白くなっている箇所はレイヤーの効果が反映されています。

この場合だとレイヤー1に対してマスクが白いので、レイヤー1は効果が反映され表示されています。

daf35bc96821eff0283afb1b32008a58-1024x580 Photoshop(フォトショップ)のレイヤーマスクの使い方と参考レタッチテクニックを解説!!

マスクが黒い箇所は効果が反映されないため表示されなくなります。

この場合レイヤー1のマスクが黒いので、レイヤー1は反映されないため表示されなくなっています。

12dd78b901d7f32a62a5d8519e3e0fbe-1024x580 Photoshop(フォトショップ)のレイヤーマスクの使い方と参考レタッチテクニックを解説!!

マスクが白に近いほどレイヤーがはっきり表示され、黒に近いほどうすく表示されます。

例えば下の1枚目の写真はレイヤー1に白マスクが付いています。

11306cf7c9cf0af80ee851fd07f9b37a Photoshop(フォトショップ)のレイヤーマスクの使い方と参考レタッチテクニックを解説!!

その白マスクにブラシで黒い丸を書くとその部分だけマスクの効果が反映されなくなり白い丸ができます。

a22ecaa2d6d73314fd11a0e5c44b97ec Photoshop(フォトショップ)のレイヤーマスクの使い方と参考レタッチテクニックを解説!!

また上の写真の場合不透明度100%の黒で丸をつけた為、まったく表示されなくなりましたが、

下の写真のように不透明度50%で丸をつけた場合は、完全に表示されなくなるのではなく少し薄くなるだけどなります。

3c0e60b8eb82d091ada09db578e174fd Photoshop(フォトショップ)のレイヤーマスクの使い方と参考レタッチテクニックを解説!!

この感覚を実感してもらうのには実際にやってもらうことが一番なので一度試してみてください。

実際にやる上で

マスクは白に近いほど効果がはっきり反映され、黒に近いほど反映されなくなる

っとイメージしながらやってみてください。

それでは作例③を元に実際にマスクを使ってみたいと思います。

まずは写真をPhotoshopで開きます。

今回は写真したの雪の部分の彩度をおとし、青っぽい色を白くしたいと思います。

7214b895356aeea2fcec180d55932f27 Photoshop(フォトショップ)のレイヤーマスクの使い方と参考レタッチテクニックを解説!!

色調補正パネルから[色相・彩度]を選びクリックします。

707b688ffecef3642d561f0175996a0d Photoshop(フォトショップ)のレイヤーマスクの使い方と参考レタッチテクニックを解説!!

すると[色相・彩度]の調整パネルと、右側のレイヤー欄に[色相・彩度]の項目が追加されます。

ちなみにですが、色調補正の機能を選ぶと最初から白マスクが付いています。

4bdf083417d2a651b609215b83fc115f Photoshop(フォトショップ)のレイヤーマスクの使い方と参考レタッチテクニックを解説!!

続いて[色相・彩度]パネルでブルー系を選択して彩度を下げます。

調整の仕方はこちらの記事で解説しているので参照ください。

ライトルームとフォトショップを使用して冬の雪写真を白く仕上げるレタッチテクニックを解説! ( Lightroom / Photoshop )

b69476b6b5a9d2e6f11931232df4d73a Photoshop(フォトショップ)のレイヤーマスクの使い方と参考レタッチテクニックを解説!!

すると写真内の青い部分の彩度がなくなります。

雪の部分はもちろん空まで彩度が下がってしまっていますね。

空の部分は彩度をいじりたくないのでここで[色相・彩度]にマスクを使い雪の部分だけ彩度が下がるようにします。

Macでは[option]キーをWinの場合は[Alt]キーを押しながらマスクをクリックすると、マスクの色が反転します。

または、マスクをダブルクリックしてマスクのパネルを表示し、反転をクリックすることで色の反転が可能です。

ea8df917e82203b3b7ada36a6c5d090a Photoshop(フォトショップ)のレイヤーマスクの使い方と参考レタッチテクニックを解説!!

今回は白から黒に反転しました。

それによってレイヤー効果が反映されない為、彩度は調整前の状態に戻りましたね。

fc90425d244a28dcd9fb2b49c074ae84 Photoshop(フォトショップ)のレイヤーマスクの使い方と参考レタッチテクニックを解説!!

それでは雪の部分だけマスクをブラシで白く塗り[色相・彩度]の効果を反映させていきます。

ブラシツール(B)を選択しレイヤーパネルのマスクを選択した状態で雪の部分を白色で塗っていきます。

この時画面上部の不透明度は30%ぐらいにしておくのをお勧めします。

理由として100%だと効果がはっきり表示されてしまい違和感がでてしまうので、低い数値で少しづつ塗り違和感のないように仕上げる為です。

bf59c54a5532378b571ff3fd869ff7ff Photoshop(フォトショップ)のレイヤーマスクの使い方と参考レタッチテクニックを解説!!

 彩度を下げたい雪の部分を一通り塗りつぶしました。

ビフォーアフターで確認してみてください。

3cbd07f8dd39a5dfa910a41dfe7eb188 Photoshop(フォトショップ)のレイヤーマスクの使い方と参考レタッチテクニックを解説!!8753458276faa3761717486cdb1175a2 Photoshop(フォトショップ)のレイヤーマスクの使い方と参考レタッチテクニックを解説!!

レイヤーパネルのマスクも最初は黒かったのですが、塗りつぶした箇所が白くなりその部分だけ効果が反映されています。

c093f27dfeb22fc57099fad4da636dca Photoshop(フォトショップ)のレイヤーマスクの使い方と参考レタッチテクニックを解説!!

以上がマスクを使った調整の流れになります。

  1. 調整したい機能を選択する(今回だと[色相・彩度])
  2. 効果の調整をする(今回だとブルー系の彩度を下げる)
  3. 効果にマスクを追加する(黒色マスクを選択もしくは反転)
  4. 効果を適用したい部分をブラシツールで塗る(白色を選択し、不透明度を低い数値で重ねて塗る)

この手順での作業が主になると思います。

まとめ

今回はPhotoshopでのレイヤーマスクの使い方について書きました。

マスクの使い方や作例をまとめてみましたがなんとなくでも理解できたら良いと思います。

実際にマスクを使って慣れることがコツを掴むことへの近道です。

マスクが使えるようになるとレタッチに応用がきき、レタッチの幅が広がります。

このマスクの機能は他のソフトでも似たようなものでLightroomなんかでも使用することがあります。

是非経験を重ね1段階上のレタッチレベルを目指して頑張ってみてください!

その他レタッチテクニック記事

Photoshop を使って写真のゴースト・フレアを消すレタッチテクニックを解説! (ゴースト・フレアの除去)

Photoshopを使って写真を絵画風にレタッチする “Orton Effect”の手順を解説!

レタッチ特化ソフト”Skylum Luminar”の使い方とプリセットを利用した簡単&素早いレタッチ現像方法の紹介と解説!!

PhotoshopやLightroomを使って、写真に映り込むレンズやセンサーのゴミ、埃の黒点を簡単に除去する方法を解説!

LightroomやPhotoshopを使った写真をくっきりさせるシャープネス・ハイパステクニックのやり方を解説!

ライトルームで簡単レタッチ!! プリセットの使い方や現像のやり方とコツを解説!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です